夏の甲子園、指名権のない米スカウトがなぜ視察するのか?

Asagei Biz

甲子園
甲子園

令和の怪物・佐々木朗希(大船渡)が岩手県決勝戦で散った。 最速163キロを誇る右腕の将来を思い、連投をさせなかった指揮官の判断には賛否両論だが、ネット裏では“不可解な人物たち”が姿を見せていた。メジャーリーグのスカウトたちである。 「紳士協定で、アメリカは日本のドラフト候補生を指名できないことになっています。日本高校野球連盟(高野連)も、メジャーリーグのドラフト会議が6月に行われることを指し、『夏の...

「夏の甲子園、指名権のない米スカウトがなぜ視察するのか?」のページです。デイリーニュースオンラインは、佐々木朗希スカウト甲子園大船渡メジャーリーグスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧