そうだったの!?日本のキャラメルはかつて ”禁煙用のお菓子” として販売されていた

Japaaan

そうだったの!?日本のキャラメルはかつて ”禁煙用のお菓子” として販売されていた

日本初の国産キャラメルは、森永製菓の創業者である森永太一郎(1865〜1937)が1899(明治32)年に販売を開始しました。 佐賀県伊万里出身で、日本の「西洋菓子のパイオニア」「菓子王」と呼ばれる太一郎は、1865年(慶応元年)、佐賀県伊万里で陶器問屋の家に生まれました。 叔父の手ほどきにより陶器商になりましたが、24歳の時にサンフランシスコに渡り、その後天職となる製菓業と巡り合います。 森永太一郎(MORINAGA MUSEU...

「そうだったの!?日本のキャラメルはかつて ”禁煙用のお菓子” として販売されていた」のページです。デイリーニュースオンラインは、雑学お菓子カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧