浅間山の異変が引き金となる?300年ぶり「富士山大噴火」の可能性

Asagei Biz

•xŽmŽR‚ª‰Š¥á
•xŽmŽR‚ª‰Š¥á

明治時代に観測が開始されて以来、2000回を超える活発な活動が記録されている浅間山(長野・群馬県)が8月7日に噴火。噴煙は1800メートル立ち上り、噴石が200メートルほど吹き飛んだという。 「噴火後に警戒レベルが1から3に引き上げられて以降は小康状態を保っており、大規模噴火へつながる可能性は低いと見られています。ただし、これまでは火山性地震が発生し、火山性ガスが増加するなどの予兆がありましたが、今回はいきな...

「浅間山の異変が引き金となる?300年ぶり「富士山大噴火」の可能性」のページです。デイリーニュースオンラインは、浅間山富士山火山噴火社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧