商売繁盛に千客万来!馬を左右逆に書いた将棋駒「左馬」はなぜ縁起が良いとされているのか?

Japaaan

商売繁盛に千客万来!馬を左右逆に書いた将棋駒「左馬」はなぜ縁起が良いとされているのか?

日本の将棋駒製造の大部分は山形県天童市で行われています。同地域が将棋駒の製造が始まったのは、江戸時代末期のこと。 当時の天童藩士たちは仕事がなく苦しい生活を送っており、内職の必要性に迫られました。そこで、「将棋は戦略を練るための競技であるから、武士の面目を傷つけるようなものではない」として、藩が奨励したことがその起こりとされています。 やがて、天童藩で製造された将棋駒は、「天童駒」として、全国的...

「商売繁盛に千客万来!馬を左右逆に書いた将棋駒「左馬」はなぜ縁起が良いとされているのか?」のページです。デイリーニュースオンラインは、左馬縁起物将棋カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧