関西と近畿というコトバの起源。同じ西日本を指す言葉でも実はエリアが違います

Japaaan

関西と近畿というコトバの起源。同じ西日本を指す言葉でも実はエリアが違います

週末は調べごとを兼ねて、奈良と京都に行っていた筆者です。 さて、奈良や京都のあたりは「関西」や「近畿」などと呼ばれています。この「関西」と「近畿」という二つの言葉は、現在ではほぼ同じ地域を指す言葉として使われていますが、この二つの言葉の起源をさかのぼると、元来、意味が異なっていることが分かります。 大日本府県名所一覧 全(部分) 関西と近畿というコトバの起源 「関西」は、平安時代には「近江逢坂関...

「関西と近畿というコトバの起源。同じ西日本を指す言葉でも実はエリアが違います」のページです。デイリーニュースオンラインは、近畿地方語源関西カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧