大船渡・佐々木、「面談=指名」ではない? 国際大会での印象も評価に影響か

リアルライブ

大船渡・佐々木、「面談=指名」ではない? 国際大会での印象も評価に影響か

「時間」に関する解釈が変わってきた。 プロ野球各球団はドラフト1位指名の最終調整を始めた。最速163キロを誇る令和の怪物・佐々木朗希(大船渡=3年)か、それとも、甲子園の雄・奥川恭伸(星稜=3年)か…。大学ナンバー1、即戦力右腕の森下暢仁(明治大=4年)もいる。1位指名の入札が重複しそうな彼らを避け、レギュラー候補を確実に指名する方法もある。 「重複も覚悟で、それでも佐々木がほしいとする球団も少なくありません...

「大船渡・佐々木、「面談=指名」ではない? 国際大会での印象も評価に影響か」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧