3割が40歳未満の患者! “昔の病気じゃない”結核、有名人の発症も相次ぐ 防ぐ方法は

リアルライブ

3割が40歳未満の患者! “昔の病気じゃない”結核、有名人の発症も相次ぐ 防ぐ方法は

9月24〜30日は「結核予防週間」と定められている。結核と聞くと、昔の病気と思う方も少なくないかもしれない。たしかに、日本では1950年代には年間死亡が十数万人に上り、国民病とも言われた。しかし、最近でもハーフタレントのJOYが2011年に、お笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるかが2009年にそれぞれ結核を発症しており、長期の入院を余儀なくされたことを思い出してほしい。 医療の発展、抗生物質の開発で結核の死亡率が...

「3割が40歳未満の患者! “昔の病気じゃない”結核、有名人の発症も相次ぐ 防ぐ方法は」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧