シャーロックなのに凡才!?新ドラマ「シャーロック」好発進も落胆の声

アサ芸プラス

シャーロックなのに凡才!?新ドラマ「シャーロック」好発進も落胆の声

ディーン・フジオカ主演ドラマ「シャーロック」(フジテレビ系)が10月7日にスタートし、平均視聴率は12.8%と好発進を切った。 物語は、ミステリー作家の巨匠、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを原作とし、現代の東京に置き換えて難事件を解決する。 原作におけるシャーロック役は、誉獅子雄としてディーンが、相棒のワトソン役は若宮潤一として岩田剛典、レストレード警部に相当する人物は、...

「シャーロックなのに凡才!?新ドラマ「シャーロック」好発進も落胆の声」のページです。デイリーニュースオンラインは、シャーロックディーン・フジオカシャーロック・ホームズ佐々木蔵之介岩田剛典エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧