SNS時代は「共感」が決め手 マーケティングに必須の「SIPS」とは

新刊JP

SNS時代は「共感」が決め手 マーケティングに必須の「SIPS」とは
SNS時代は「共感」が決め手 マーケティングに必須の「SIPS」とは

近年、SNSの普及で莫大な広告費をかけなくても、インスタグラムやツイッターの投稿がきっかけで爆発的にモノが売れることがある。 「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである」とマーケティングについて述べているのは、経営学者のピーター・ドラッカーである。顧客のほうから「買いたいです」「売ってください」と言ってもらえる状態を創る「全ての活動」がマーケティングなのだ。商品やサービスが売れずに困って...

「SNS時代は「共感」が決め手 マーケティングに必須の「SIPS」とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧