九州場所“日本人初”の優勝を決めた横綱・白鵬にまたまた賛否両論

週刊実話

九州場所“日本人初”の優勝を決めた横綱・白鵬にまたまた賛否両論

今年最後の九州場所(福岡国際センター)は11月24日、横綱・白鵬の4場所ぶり43回目の優勝で幕を閉じた。「新旧交代」、「若手台頭」などの声がかまびすしい中での優勝だけに、白鵬はご機嫌そのもの。千秋楽を待たず14日目に、御嶽海を外掛けでねじ伏せて優勝を決めると、笑顔でこう語った。「令和元年に間に合ってよかった。3月の上腕二頭筋断裂、秋場所の小指の骨折を乗り越えてきた。勝って優勝を決めるのはいいもの。終わって...

「九州場所“日本人初”の優勝を決めた横綱・白鵬にまたまた賛否両論」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧