江戸時代の遊女は「生理の日」どう対処していたの?遊女が行っていた驚きの生理対策

Japaaan

江戸時代の遊女は「生理の日」どう対処していたの?遊女が行っていた驚きの生理対策

遊女たちに「生理休暇」はあったの? 吉原をはじめとする妓楼で働いていた遊女たちの主な仕事は、言うまでもなく「性的サービス」です。しかし彼女たちも10~20代の女性ですから、当然「生理の日」が毎月訪れました。 現代のソープ嬢などは、勤務するお店によっては数日間の「生理休暇」が認められることもありますが、中には海綿を詰めて強行出勤したり、ピルを飲んで生理を早く終わらせたりするなど、かなり身体に負担のかか...

「江戸時代の遊女は「生理の日」どう対処していたの?遊女が行っていた驚きの生理対策」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸時代遊女カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧