ASKAネタ元の現役組員が明かす歌舞伎町”覚せい剤”蔓延事情

デイリーニュースオンライン

ASKAネタ元の現役組員が明かす歌舞伎町”覚せい剤”蔓延事情

今月10日、警視庁は、歌手のASKAに覚せい剤やMDMAを売り渡していた疑いで、「新宿の薬局」と呼ばれる住吉会系幸平一家2代目大昇会の事務所に家宅捜索を行ったが、近年クリーンになったといわれる歌舞伎町に「薬局」と呼ばれるような暴力団事務所があることに驚いた人も多いのではないか。  大昇会と同様、歌舞伎町に事務所を構える暴力団幹部はいう。 「歌舞伎町には200以上の組事務所があるが、そのうちの半分以上が、何ら...

「ASKAネタ元の現役組員が明かす歌舞伎町”覚せい剤”蔓延事情」のページです。デイリーニュースオンラインは、覚せい剤ドラッグ暴力団裏社会ASKA社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧