韓国・朴槿惠大統領、いびつな反日姿勢の原点は「灰色の青春時代」

デイリーニュースオンライン

大学時代は勉強の虫だった
大学時代は勉強の虫だった

韓国のソウル中央地検が、産経新聞の前ソウル支局長を在宅起訴した問題が波紋を広げている。旅客船・セウォル号の事故があった4月16日、朴槿惠(パククネ)大統領の所在が7時間不明になったことを報じた記事が「朴大統領への名誉毀損にあたる」として、韓国検察が強権を発動したのだ。  韓国では、時の為政者の判断が司法を左右することがままある。海外メディアからも「言論弾圧だ」と非難囂々の今回の件にも、朴大統領の意...

「韓国・朴槿惠大統領、いびつな反日姿勢の原点は「灰色の青春時代」」のページです。デイリーニュースオンラインは、政治韓国社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧