幸福の科学大学「不認可」地元で課税問題が再燃か

デイリーニュースオンライン

ただの空き地に「読経処」という看板が(2012年撮影)
ただの空き地に「読経処」という看板が(2012年撮影)

10月31日に下村博文文科相から「不認可」とされた幸福の科学大学。文科相職員を脅すなどした「不適切な行為」が理由で、最長5年間は認可しないペナルティが課せられたが、これによって開設予定だった千葉県長生村では、数年前の課税問題が再浮上しかねない雲行きになっている。  これまでの経緯はこうだ。  幸福の科学大学予定地は、リゾート開発目的で土地を購入した不動産業者が2008年、宗教法人・幸福の科学に売却したも...

「幸福の科学大学「不認可」地元で課税問題が再燃か」のページです。デイリーニュースオンラインは、文科省幸福の科学不動産宗教学校社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧