危険ドラッグ製造関係者が激白「客で人体実験するしかない」

デイリーニュースオンライン

あまりにも危険な”臨床”試験
あまりにも危険な”臨床”試験

新種の危険ドラッグ「ハートショット」で1か月に15人が死亡。危険ドラッグ吸引による交通事故も後を絶たず、警察当局による取り締まり強化だけでなく、ついに政府も本格的な規制に乗り出している。そんななか、こうした動きを受けて危険ドラッグ業界に大きな動きがあったのは、9月末のことだった。  すでにネットショップ系は撤退が相次ぎ、都内繁華街のショップには毎日嫌がらせのごとく警察官が訪れる日々が続いていたが、...

「危険ドラッグ製造関係者が激白「客で人体実験するしかない」」のページです。デイリーニュースオンラインは、犯罪危険ドラッグ警察ドラッグ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧