船橋オート廃止に永井大介が訴え「施工側の改修見積もりはデタラメ」

デイリーニュースオンライン

「僕らからオートレースを奪わないでほしい」と訴える永井大介選手
「僕らからオートレースを奪わないでほしい」と訴える永井大介選手

今夏、2016年で船橋オートの廃止が発表された。あれから3カ月、選手たちは今もあきらめず、存続に向けて東奔西走している。廃止決定までの状況と現況を、船橋オート選手会長・永井大介が熱く語ってくれた。 「『オートレースの赤字を市や県が負担しているから、存続は難しい』との報道は間違っています。2年前には一般会計に2000万円を繰り入れましたし、昨今は1円も拠出していません。今回、事業継続に必要とされた施行側の14...

「船橋オート廃止に永井大介が訴え「施工側の改修見積もりはデタラメ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、オートレース告発ギャンブルエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧