本当に「北の犯行」なのか…北朝鮮サイバー攻撃の未熟さ

デイリーニュースオンライン

サイバー攻撃舞台の増強を図る北朝鮮
サイバー攻撃舞台の増強を図る北朝鮮

金正恩氏をパロった映画『The interview』騒動は、米朝対立のあらたな火種となった。  12月25日に公開を予定していた映画の配給元・ソニー・ピクチャーズエンターテインメント(以下SPE)のサーバーがハッキングされ、その後、逆に北朝鮮のウェブサイトの接続が不安定になるなど、米朝サイバー戦争は世界的な話題になりつつある。  一方では、アメリカ当局の報復にしてはスケールが小さく、またFBIが断定したソニーハッキン...

「本当に「北の犯行」なのか…北朝鮮サイバー攻撃の未熟さ」のページです。デイリーニュースオンラインは、北朝鮮ネット映画連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧