韓国でも「表現の自由」が問題に…在日コリアンに飛び火か

デイリーニュースオンライン

国家保安法を「利用」する韓国の国家情報院
国家保安法を「利用」する韓国の国家情報院

フランス紙襲撃テロ事件をきっかけに「表現の自由」をめぐる論議が盛り上がる中、お隣の韓国が別の騒動でヤリ玉に上がっている。米国のサキ国務省報道官は1月9日、韓国の国家保安法が「表現の自由とインターネットのアクセスを制限していることに憂慮している」と表明したのだ。  きっかけとなったのは、韓国生まれの女性で米国の市民権を持つシン・ウンミさん(54)が2014年、ソウル市内で開いたイベントで北朝鮮の体制を称...

「韓国でも「表現の自由」が問題に…在日コリアンに飛び火か」のページです。デイリーニュースオンラインは、韓国北朝鮮海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧