すべての景色に見覚えがある「デジャヴ」に7年間苦しむ男性

デイリーニュースオンライン

恒常的デジャヴの苦しみとは
恒常的デジャヴの苦しみとは

「あれ、この場面は見たことがある」  日常のふとした瞬間に感じるこの違和感は、専門的にはデジャヴと呼ばれる現象である。フランス語の「既視」を語源とし、その頻度は個人差があれど、誰しも一度は経験したことがあるのではないだろうか。しかし先月、イギリスの医学論文『Journal of Medical Case Reports』に、これまで記録されたことのない奇妙なケースが報告された。23歳の匿名男性患者は、2007年以来、生活の中で体験...

「すべての景色に見覚えがある「デジャヴ」に7年間苦しむ男性」のページです。デイリーニュースオンラインは、x51医学海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧