【死刑確定】単独犯は不可能…秋葉原通り魔事件を巡るミステリー(前編)

デイリーニュースオンライン

事件から7年後、死刑判決は確定した
事件から7年後、死刑判決は確定した

殺人や殺人未遂などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けていた加藤智大被告(32歳・事件当時25歳)。2月17日、最高裁は、上告審において死刑判決の棄却を求めた加藤の上告を棄却し、死刑が正式に確定した。  2008年6月8日の日曜日、買い物客で賑わう東京・秋葉原の歩行者天国に、2トントラックで突っ込んだ後、居合わせた人々を無差別にナイフで切りつけた。負傷者10人、死亡者7人……まさに白昼の凶行だった。  だが、この...

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧