警察は事前に犯行を知っていた!? 「秋葉原通り魔事件」をめぐるミステリー(後編)

デイリーニュースオンライン

2000年代で最も衝撃的な事件だった
2000年代で最も衝撃的な事件だった

秋葉原通り魔事件で殺人や殺人未遂などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けていた加藤智大被告(32歳・事件当時25歳)は2月17日、死刑が確定した。2008年6月8日の日曜日、東京・秋葉原の歩行者天国で居合わせた人々を次々にナイフで切りつけ、負傷者10人、死亡者7人を出すという最悪の事件となった。  前回の記事では、まずか2分間の間で12人を殺傷したことに関して、警察関係者から「あり得ない」という証言などを基に、犯...

「警察は事前に犯行を知っていた!? 「秋葉原通り魔事件」をめぐるミステリー(後編)」のページです。デイリーニュースオンラインは、犯罪殺人事件マスコミ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧