【八王子スーパーナンペイ事件】犯人の指紋報道に公安関係者が嫌疑

デイリーニュースオンライン

警察の“宣伝活動”か(写真は警視庁HPより)
警察の“宣伝活動”か(写真は警視庁HPより)

約20年前、1995年7月末、八王子市のスーパーナンペイの事務所で、アルバイトの女子高校生2人を含む女性3人が拳銃で頭を撃たれて殺害された、いわゆる「スーパーナンペイ事件」。  最近はまったく新情報もなく、ほぼ迷宮入りと見られていた。しかし、今年2月、警視庁周辺から女子生徒らが縛られた粘着テープから犯人のものとみられる指紋の一部が採取されていたこと。そして、これが10年ほど前、死亡した日本人の男の指紋とほ...

「【八王子スーパーナンペイ事件】犯人の指紋報道に公安関係者が嫌疑」のページです。デイリーニュースオンラインは、犯罪警察殺人事件マスコミ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧