時効から6年「井の頭公園バラバラ殺人」の驚くべき真相【前編】

デイリーニュースオンライン

静かな公園で起きた凄惨な事件だっがが……
静かな公園で起きた凄惨な事件だっがが……

多くの謎を残したまま2009年に公訴時効となった「井の頭公園バラバラ殺人事件」。4月で事件から21年、時効から6年が経つことになる。この事件は、発生当時から謎が多く、未解決事件としては「世田谷一家殺害事件」や「八王子スーパーナンペイ事件」と並んでミステリーが多いことで知られている。  事件は1994年4月23日に発覚した。女性清掃員が、都内にある井の頭恩賜公園のゴミ箱にポリ袋に入った人間の足首が捨てられている...

注目記事
「時効から6年「井の頭公園バラバラ殺人」の驚くべき真相【前編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、警察殺人事件東京社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧