「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

デイリーニュースオンライン

現場となった井の頭公園の様子
現場となった井の頭公園の様子

1994年4月に発生し、多くの謎を残したまま2009年に公訴時効となった「井の頭公園バラバラ殺人事件」。4月で事件から21年、時効から6年が経つことになる。この事件は、発生当時から謎が多く、未解決事件としては「世田谷一家殺害事件」や「八王子スーパーナンペイ事件」と並んでミステリーが多いことで知られている。  前回お伝えしたように、事件21年目にして判明した新事実があった。殺害された建築士のKさん(35歳=当時)...

注目記事
「「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、警察殺人事件東京社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧