暴走族、ギャング、愚連隊が続々復活する“本当の理由”

デイリーニュースオンライン

多様化する暴力団のリクルーティング事情
多様化する暴力団のリクルーティング事情

1970年代には20万人いた暴力団構成員が、警察庁が統計を取り始めてから初めての6万人を割り込む5万8600人にまで減少した。 参考記事/初の6万人割れ!減少の一途を辿るヤクザの人材難事情  当然、各暴力団も手をこまねいているわけではない。必至のリクルート活動が至るところで行われているわけだが、その現状を現役の暴力団幹部はこう明かす。 「以前だったら、口を開けば“カネ持って来い”しか言わなかったけど、最近は“...

「暴走族、ギャング、愚連隊が続々復活する“本当の理由”」のページです。デイリーニュースオンラインは、暴走族暴力団裏社会社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧