「酒鬼薔薇事件」18年目のミステリー…別人犯行説を追う(前編)

デイリーニュースオンライン

事件現場となった中学校の校門
事件現場となった中学校の校門

2015年2月、川崎市多摩川の河川敷で男子中学生(13歳)が殺害された事件で、発生後1週間後に少年3名が逮捕された。『週刊新潮』は3月12日号で、少年法に反してリーダー格だった無職少年(18歳)の実名と顔写真を掲載し、大きな話題を呼んだ。同誌編集部は朝日新聞の取材に対し「事件の残虐性と社会に与えた影響の大きさ、そして主犯格とされる18歳の少年の経歴などを総合的に勘案し、実名と顔写真を報道した」とコメントした。 ...

「「酒鬼薔薇事件」18年目のミステリー…別人犯行説を追う(前編)」のページです。デイリーニュースオンラインは、少年法犯罪警察殺人事件マスコミ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧