【プロ野球】開幕前予想を裏切る中日、西武が“好発進”のワケ

デイリーニュースオンライン

福田永将が素質開花し中日が好調
福田永将が素質開花し中日が好調

プロ野球が開幕、2カードを消化した。優勝候補筆頭に挙げられながら、7試合を終えて2勝5敗と調子が上がらないのが広島だ。 下馬評に反し広島、巨人がスタートダッシュに失敗  中でも今一つなのがエース前田健太。開幕戦は7回7安打2失点、次の登板も7回8安打2失点。いずれも投手戦で競り負けた。3戦目、味方の援護を待ちながら耐えて勝利をつかんだ黒田博樹のように、カープの野球は「投手が粘って勝利をつかみとる」スタイル...

「【プロ野球】開幕前予想を裏切る中日、西武が“好発進”のワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、プロ野球スポーツスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧