辻希美が自身の子供服ブランドを必死の手売りも閑古鳥鳴く

デイリーニュースオンライン

池袋に出現した辻希美
池袋に出現した辻希美

辻希美(27)といえば、20歳の時に杉浦太陽と結婚し、すぐに出産。2013年には第3子を産んだママタレの代表格として知られる存在だ。杉浦のテレビ出演回数は減り、収入は安定しない。そこで子育てをしながらママタレとして生きていく道を選んだわけだが、千秋や紗栄子に続けとばかりに、自身の子供服ブランド『Saruru(サルル)』を立ち上げて、一生懸命宣伝活動を行っている。 ●注目記事:別れた彼には新恋人が…30代女性の奇跡...

「辻希美が自身の子供服ブランドを必死の手売りも閑古鳥鳴く」のページです。デイリーニュースオンラインは、辻希美モーニング娘。アイドルエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧