【賛否両論】中国主導の「AIIB」に乗るべきなのか

デイリーニュースオンライン

画像はHPより
画像はHPより

1990年春。「全日本プロレス(ジャイアント馬場社長)」のエース、天龍源一郎が突如として退団した。同時期に「新日本プロレス(アントニオ猪木オーナー)」からも、何人かの選手が同調するかのように退団。彼らの行き先は、豊富な資金でプロレス界に参入してきたメガネスーパーが作ったプロレス団体、「SWS(田中八郎社長)」だった(注1)。  久々にプロレスを使ってたとえてみると、「馬場が米国」、「猪木が日本」、「天...

「【賛否両論】中国主導の「AIIB」に乗るべきなのか」のページです。デイリーニュースオンラインは、政治中国連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧