【借金に生活苦】あの名レスラーが「壮絶人生」の果てに死去

デイリーニュースオンライン

晩年は親の年金を頼りに生活していたという阿修羅・原
晩年は親の年金を頼りに生活していたという阿修羅・原

波瀾万丈、生々流転——。そうとしか言いようの無い人生だった。元プロレスラーの阿修羅・原(注1)が、4月28日、故郷の長崎県諫早市内の病院で亡くなった。享年六十八。脊椎管狭窄症、心筋梗塞、肺炎、さらには精神的にも病んでいたという。  もはや阿修羅・原を知らない世代も多いかも知れないが、今回は哀しくも気高い男の生き方を知ってもらいたい。 「阿修羅・原」のリングネームをラグビーファンとして知られる作家・野...

注目記事
「【借金に生活苦】あの名レスラーが「壮絶人生」の果てに死去」のページです。デイリーニュースオンラインは、プロレススポーツ連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧