習近平に政治危機…不正蓄財資料がアメリカに流出か

デイリーニュースオンライン

政権の行方を左右しかねない一大事が勃発
政権の行方を左右しかねない一大事が勃発

中国の「虎も蠅も叩く」官僚腐敗摘発の中心人物、王岐山・中国共産党中央規律検査委員会書記。彼が近々、訪米することは、欧米のメディアを中心に報道されている。  狙いは習近平国家主席が今年9月に訪米することの地ならし説。さらに米国亡命中の天安門事件のリーダー的人物の母親が病気で重篤のため、習近平国家主席に一時的帰国を求める書簡を出した。その件についても王氏が米国と何らかの摺合せをする説も囁かれている。...

「習近平に政治危機…不正蓄財資料がアメリカに流出か」のページです。デイリーニュースオンラインは、習近平政治中国社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧