入居者は生活保護…激安200万円物件に潜む不動産投資の罠

デイリーニュースオンライン

写真はイメージです(Photo by mxmstryo via Flickr)
写真はイメージです(Photo by mxmstryo via Flickr)

不動産投資はいつの時代も「着実で堅い」資産運用として人気だ。最近では、サラリーマンの“副業”として、200~500万円台の格安の中古マンション物件を買い、賃貸に出すといった方法がマネー誌等で紹介されている。  だがそこには思わぬ落とし穴がある。神奈川県郊外で中古の団地1室を賃貸に出しているというA氏(会社員・30代後半)が語る。 借主が児童ポルノで逮捕、大家として住民に謝罪 「家賃はちゃんと支払って貰って...

「入居者は生活保護…激安200万円物件に潜む不動産投資の罠」のページです。デイリーニュースオンラインは、貧困不動産経済マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧