「元中日・種田仁が自己破産」記事であらためて見えた特殊な生態とは|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン

「元中日・種田仁が自己破産」記事であらためて見えた特殊な生態とは|プチ鹿島コラム

かつて年棒1億円を稼いだ男が自己破産した。今週、『自己破産したガニマタ打法 元中日「種田仁」のギャンブル狂』という「週刊新潮」(7月2日号)の記事があった。種田仁は大阪の上宮高校で元巨人の元木大介と同学年で、1989年のドラフトで中日に入団。見たら忘れられないガニマタ打を考案後は、記憶にも残る選手として大人気だった。横浜時代は2004年と2005年に3割を打ち、年棒も1億円を超えた。 ●プロ野球選手ならではの「...

「「元中日・種田仁が自己破産」記事であらためて見えた特殊な生態とは|プチ鹿島コラム」のページです。デイリーニュースオンラインは、プロ野球プチ鹿島連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧