SMAP草彅に中居クンが激怒「芝居やめろよ」

デイリーニュースオンライン

SMAP草彅に中居クンが激怒「芝居やめろよ」

 1月12日に放送された『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)にSMAPの草彅剛(41)が出演。自身の芝居に対する取り組み方が露呈し、そのいい加減さに「舐め過ぎ」と批判が集まっている。

 同局で1月からスタートする刑事ドラマ『スペシャリスト』で主演を務める草彅剛。番組では事前の打ち合わせの音声を公開。「セリフはどうやって覚える?」という質問に、草彅剛は「(ドラマの)台本は自分のところしか読まないんで、俺は何のために走ってるのか分かんない時がある」と言い、「自分のセリフだけ覚えておけば、“(相手がセリフを)言い終わったな”と思えば言えばいい」と返答した。

台本を読まないから「犯人」も最後までわからない!

 さらに、スタッフから「(セリフの)順番を間違えてNGみたいなことはないんですか?」と聞かれると、「それは全然ある! 早く言っちゃったりとか。上手くごまかしつつ、現場では」と説明。これに、スタジオからは「えー」と驚きの声が上がった。

 刑事を演じている時は犯人が判明するシーンの撮影になるまで、犯人が誰だか分かっていないという草彅剛。これに、今回のドラマでも共演する夏菜(26)や和田正人(36)が「うそー」「ショック」と落胆の表情を浮かべた。続けて、ヒロミ(50)が「珍しいね。ジャニーズの子って台本よく覚えるじゃん」と言うと、「読みますけど難しくて。スペシャリストに関しては。漢字が多いでしょ。名前ってさ、難しいじゃないですか、正直どの名前か分からなくなる」と主張。これに、MCの中居正広(43)が「お前さ、芝居辞めろよ」と突っ込みを入れた。

 続けて、中居正広が「主役でしょ? 現場でどうしてんの? (犯人を)知らないままでやってんの?」と聞くと、「一応、自分のセリフは覚えてるから“犯人だ”みたいなことを言って、ちょっと(芝居を)アツくやるよね。それが犯人じゃない時は、監督とかが“テンション高いんじゃないかな?”(と言ってくる)」と答えた。

 すると、中居正広は「誰かに怒られるかもね?」と一言。これに草彅剛は「すげぇヒヤヒヤしてますよ。怒られるんじゃないかな? って。不真面目だーって」と心情を吐露すると、スタジオは笑いに包まれた。

 この、草彅剛の姿勢に疑問を持った視聴者も多く。ネット上では、

「こんなのが役者やっていいのか?」
「だから棒演技なんだろ」
「こんなやつ会社にいたら、すげーイライラするわ」
「アイドルだとバカにされても仕方ないね」

 と、辛辣な意見が相次いだ。

「草彅剛の演技は、ストーリーを知らずに芝居をしているので感情がこもっていない棒読みになるのでしょう。ですが、たとえ棒読みでも最高視聴率が20%を超えた『僕シリーズ3部作』など、作品と役には恵まれています。今回のドラマも2時間ドラマ枠で高視聴率を記録し、連ドラに昇格した作品です。ドラマの宣伝として出演した番組で、こんな適当な役者観を露わにするのはどうかと思いますけど……」(スポーツ紙芸能記者)

 それでも、演技力に定評のある草彅剛。他の役者のセリフを覚えてから撮影に臨めば、さらに素晴らしい演技を見せることができるような気もするが……。

(取材・文/丸山ひろし)

「SMAP草彅に中居クンが激怒「芝居やめろよ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、SMAPジャニーズ芸能ドラマエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧