香取慎吾が隠し子に言及?度々明かしていた”謎の少年”への想い (2/2ページ)

デイリーニュースオンライン

■子どもの成長を見て寂しい気持ちになった?

 ジャニーズに詳しいライターが解説する。

「2006年にはラジオ番組『SMAP POWER SPLASH』(bayfm)の中で、『友達の赤ちゃんだった子がだいぶデカくなってきた』とトーク。まだ2歳頃にも関わらず、ウルトラマンの人形にハマる姿を見て『度肝抜かれた』と、語っていました。また、2013年の『ポポロ』10月号(麻布台出版社)のインタビューでも、『生まれたばかりのときから知ってる』という友達の子供に言及。その子と久しぶりに会った際にアプリのゲームをやるようになっていたそうで、成長具合を見て『寂しい気持ちになった』と明かしていました。おそらく、この『友達の子供』のエピソードは同一人物だと思われます」

 かねてより、「芸能界には友達が少ない」と公言している香取だが、プライベートではまったく友達がいないワケではないのだろう。香取は実際に「友達の子供」と遊んだ経験はあるようだが、果たして“隠し子”とされる少年と関連はあるのだろうか。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)
※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する
「香取慎吾が隠し子に言及?度々明かしていた”謎の少年”への想い」のページです。デイリーニュースオンラインは、香取慎吾SMAPジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧