ココリコ田中はモラハラ夫だった?”不倫嫌疑”の元妻反撃で泥沼化へ (2/2ページ)

デイリーニュースオンライン

 これにネット上では「田中がモラハラ夫って信じられない」「浮気が事実じゃないなら小日向さん気の毒」「田中さんは神経質そうでもあるからなあ……」などと困惑の声が続出。その一方で「友人に週刊誌で元夫を批判させるのってどうなの」「両親がこんな醜い争いをしたら子供が可哀想」といった意見もあり、賛否が巻き起こっている。

 今のところモラハラは疑惑の域を出ないが、小日向のTwitterにはそれを予感させる記述もあった。

 小日向は今年4月に「お金持ちで新しい武器も買えて 人も集められて どんな攻撃も避けられる高い高い防壁の中で護られてる人が 盾もなく独りで 自分で自分の身を守るしかない素っ裸の人間を攻撃して楽しいのかな?」とツイート。抽象的な表現だったために当初はファンも意味を図りかねていた。

 だが、離婚が発表されると「あの意味深なつぶやきを見ると田中がモラハラ気味だったのかな」「モラハラ被害でも受けてなければ、あんなツイートするわけない」といった意見が増加。当初は「田中擁護」が大半だったネット上の世論の風向きが変化しそうな状況になっている。

 離婚に際して多くを語らなかった田中だが、そのせいで余計に事態がこじれてしまった印象もある。子供たちが多感な年ごろということもあるだけに、元夫婦の泥仕合だけは避けてほしいが……。

文・橘カイト(たちばな・かいと)
※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。
「ココリコ田中はモラハラ夫だった?”不倫嫌疑”の元妻反撃で泥沼化へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、小日向しえ田中直樹ココリコエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧