木村拓哉、ボディーガード役で主演ドラマも賛否両論「英雄扱いはもう飽きた」

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay(写真はイメージです)
Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 “主人公・キムタク”を捨てられるのか。元SMAPの木村拓哉(44)が2018年1月放送の新ドラマ『BG ~身辺警護人~(仮題)』(テレビ朝日系)で、主演を飾ることが分かった。ファンの間では「絶対面白いはず!」「またいつものキムタクなんだろうな」と賛否両論が巻き起こっている。

 木村が今回演じるのは、警備会社のボディーガード・島崎章。民間人という立場上、丸腰で敵から依頼人を守っていくという。現在放送中の人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)の第5期の枠で放送される予定だ。

 出演にあたって木村本人は「なるほど、そう来たか、という意外性がありました」と話し、自身もボディーガードに「お世話になることがあるのですが、いてくださるというだけで安心感がすごいです」とボディーガードに対する印象をコメント。「どんな業務をされているのか、皆さんが抱いているイメージもあると思いますが、それを一掃するような作品になるのではないかと思っています」と期待感を露わにしている。

「テレ朝は『ドクターX』シリーズや『相棒』シリーズなど、長期政権を築く作品が少なくない。木村の新作も、色んなネタを投入しやすいテーマ。人気が出れば2期、3期が考えられる」(報道関係者)

 木村の連ドラ主演に、ファンは賛否両論。「絶対面白いはず!」「楽しみ」と歓迎ムードが漂う一方、「お腹いっぱい」「英雄扱いはもう飽きました」「またいつものキムタクなんだろうな」「金太郎飴みたいにいつも同じで胸やけする」とウンザリぎみのファンも。「好感度下がってるから視聴率がどうなるか見もの」「仲間を平気で見捨てるイメージしかありません」と揶揄する意見も出ている。

 木村は、春先に主演映画『無限の住人』が大爆死して以来、評価が下り坂。今後公開される『検察側の罪人』(2018年公開)や『マスカレード・ホテル』(2019年公開)では、一部で嵐・二宮和也(34)らのバーター扱い。そんな木村は、『BG ~身辺警護人~』で何が求められるのか。

「まずは長年演じてきた“キムタク役”からの完全卒業。『アイムホーム』(テレビ朝日系)でこそ新しい一面を見せたが、『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)や『無限の住人』でまたキムタクに戻った。脚本家が木村のイメージに合わせるのではなく、木村が作品の世界観に合わせて変われるのか。つまり俳優としての実力が問われている。“キムタク・ボディーガード編”では、視聴者に見限られて視聴率が落ちるだろう」(前出・報道関係者)

 何かと物議の対象になりがちな木村。過去の栄光を捨て去り、“新人”として視聴者釘付けの魅力的なキャラクターを作り出せるのか。来年の放送に注目だ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)
※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。
「木村拓哉、ボディーガード役で主演ドラマも賛否両論「英雄扱いはもう飽きた」」のページです。デイリーニュースオンラインは、テレビ朝日木村拓哉ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧