ウーマン村本と南キャン山里の仲は修復不可能? 同期も口を利かない状態か<共演NG?【犬猿の仲】の有名人> (1/2ページ)

リアルライブ

ウーマン村本と南キャン山里の仲は修復不可能? 同期も口を利かない状態か<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

 ウーマンラッシュアワーの村本大輔が9日、自身のツイッターを更新。8日放送の『THE MANZAI 2019マスターズ』(フジテレビ系)において、去り際にスタンドマイクを横転させ舞台を後にしたのだが、村本はその理由について、「ムカついてマイクを投げただけ」と明かした。

 村本は、トークのネタに吉本の不祥事問題や原発、沖縄基地問題など怒涛の政治批判を得意のマシンガントークに乗せて繰り広げたが、昨年の同舞台でもタブーな政治的なネタを披露してはひんしゅくを買った。村本の暴走に相方の中川パラダイスは、「ありがとうございました、大丈夫かこれ」と笑いながら一礼して退場した。

 ここ最近は政治的な発言が目立つ村本だが、芸人の間ではつまはじきされているようだ。中でも、今年6月に女優の蒼井優と電撃結婚した南海キャンディーズ・山里亮太とは“犬猿の仲”で知られるところだ。

 村本は山里の結婚について、自身のツイッターで相次いだ投稿が批判を浴び、話題を集めた。そして、先月26日に放送された『太田上田』(日本テレビ系)では山里が出演し、村本について語ったのだ。

 1999年、両者は大阪NSC22期生として出会う。同期にはとろサーモンの久保田かずのぶ、キングコングの西野亮廣と梶原雄太、NON STYLEの井上裕介など錚々たる面々だが、問題児揃いとも言える。

 村本は、00年早々にデビューするも、NSC卒業後は、幾度となくコンビ結成・解散を繰り返し、一時的に「村本大輔ーズ」名義でピン芸人としても活動していた。そして、08年9月に中川とウーマンラッシュアワーを結成し、現在に至る。

 一方の山里は、関西大学3年生からNSCに入学。卒業後は「侍パンチ」、「足軽エンペラー」というコンビを結成し、当時はボケ担当だった。その後は、ピン芸人「イタリア人」としての活動を経て、相方の山崎静代と南海キャンディーズを結成。また、役者としてドラマや映画などにも出演し、現在はナレーターなど多方面での活躍が著しい。

 多忙を極め一歩リード気味の山里だが、前出の番組で同期で敵わないと思った人はオードリー・若林正恭、久保田の2人だと明かした。同期の功績を称え切磋琢磨していると思いきや、村本の話題にも触れたのだ。

「ウーマン村本と南キャン山里の仲は修復不可能? 同期も口を利かない状態か<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧