「M-1」司会に公開説教!?今田耕司がオール巨人に“注意”された理由 (2/2ページ)

アサジョ

「今回のようなお笑いコンペティションにおいては少々事情が異なりますが、司会進行を担う立場の人間には常に一定以上の影響力が集まり、その発言が世間のスタンダードとなってしまう傾向が強いです。よって、その司会者が和牛を先に高評価するようなコメントを発してしまうと、その後に彼らを酷評した審査員が変に目立ってしまう弊害が出る可能性があります。実際、老若男女からズバ抜けた人気を誇る和牛にマイナスな批評を述べることは勇気のいる作業ですし、それ相応の覚悟がなければ務まりません。審査員の役割を本気でこなす巨人だからこそ、今田の越権行為を仕方なく本番中に軌道修正する必要性を感じたのでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 なお、今田は番組冒頭にも、謹慎中の雨上がり決死隊・宮迫博之のお馴染みネタ「宮迫です」の決めポーズを無言で披露し、ネット上で賛否を集めていた。

 場を和ませ、重い空気を柔らかくするのはMCとしての今田の任務でもあるが、今回はいくつかの場面で不適切な方法を取ってしまったと言わざるを得ないかもしれない。

(木村慎吾)

「「M-1」司会に公開説教!?今田耕司がオール巨人に“注意”された理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、オール巨人M-1グランプリ司会今田耕司和牛エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧