マツコがYouTuber転身決意!?「HIKAKIN・インドア・海外移住」3つの理由

日刊大衆

マツコがYouTuber転身決意!?「HIKAKIN・インドア・海外移住」3つの理由

 5月23日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)に、大人気YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン・31)が出演。MCのマツコ・デラックス(47)と、自粛生活の本音や仕事観の変化について話し合い、話題となっている。

「外出自粛の影響で、YouTube業界が盛り上がっているという話から、業界の第一人者としてヒカキンがリモート出演したんです」(専門誌記者)

 番組冒頭で、ヒカキンに映像がつながった際、カメラが回る前から20秒も変顔してスタンバイしていたヒカキンに対し、マツコは「偉い! 働き者よこの人は!」と称賛したり、ヒカキンの背景にグッズが置かれていることに注目して、「いろいろ見えるようにがちゃがちゃ置いてる。この人は本当に気使いしいなのよ!!」と、序盤から好感度の高さを見せていた。

「マツコは、“自分は元来怠働き者じゃない”“やらざるを得ない環境を作って(仕事)やっている”と話し、自粛については“アタシから仕事取ったら、何も残らない。趣味もない”“働かなくて済むようになったら、ものスゴい精神的に安定している”と、胸の内を明かしたほか、 “働いていることって幸せ”と“今までの暮らしのままで死んでいいのか”を同時に感じている、と打ち明けました。これについて、ヒカキンも似たようなことを感じていると、意気投合していましたね」(前同)

 その後、31歳のヒカキンも、YouTuberとしては最年長扱いであることや、それゆえに「ちょっとした甘えや好奇心で積み上げてきたものが壊れるのが怖い。人が集まるところに行きたくない」と、炎上に関する責任感が大きくなったことについても、マツコとヒカキンは意見が一致。「全てを捧げてやってるな、っていうのは、見ていてわかる」と、やはりマツコはヒカキンを讃えていた。

■マツコYouTuberデビュー!?

「番組終盤、ヒカキンがモテず、彼女もいないという話題になった際に、マツコは“アタシがヒカキンさんと付き合えばいいんじゃない?”と提案。ヒカキンも“カップルチャンネルを作れますね!”とノリノリでしたが、ここで意外にも2人の意見が割れたんです」(前出の専門誌記者)

 マツコは、YouTuberは撮影や編集などを全部セルフで行うことや、「自分と流儀が決定的に違う気がする」という理由から、自分には向いていないと話していた。

 しかし、ヒカキンは「ごく少数のスタッフがいればできる」「むしろ(マツコは)ネットに相性が良さそう」と評したのだ。それを聞いたマツコは、『マツコ会議』のスタッフメンバー(マツコ含めて4人)でやってみようか、という前向きな姿勢に。直後に「どうせやるんだったら、若い才能(を持つスタッフ)とやるわ! 何でこんなジジイババアと一緒に!」と毒舌で笑いにしたものの、「YouTuberをやる」という発言は覆さなかった。

「成功するかどうかは別として、やりますよ。『マツコ会議は』次回、30日の放送でヒカキンに加えて、はじめしゃちょー(27)とデカキン(34)の3人で、マツコのYouTubeをプロデュースするらしいんです。予告の時点で、『マツコ、世界の海に飛び込む』なる発案に、ノリ気な姿を見せています(笑)」(Webライター)

■海外移住とインドア趣味がYouTubeに生きる?

 ヒカキンの猛プッシュに加えて、マツコがYouTuberに向いている理由があと2つある。

 以前、2019年11月16日の『マツコ会議』では、イチャイチャしている姿が人気のカップルYouTuber『なこなこチャンネル』が登場した際に、「こういう話を聞くたびにいつ引退しようかと考える。私たちの発想では若い子たちには響かないんだろうなというのは、こういう話を聞いているとすごく分かる」と、マツコがジェネレーションギャップを感じている一幕もあった。

「マツコも、もうアラフィフですからね。今年1月20日の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、“あと10年くらい細々と頑張って国外に脱出しようと思っている” “いろいろ考えてオーストラリアが一番いい気がしてきた”と、引退計画を話していました。

 YouTuberは自分のペースで投稿できるため、ある程度チャンネル登録者数を確保すれば、のんびり続けていく、というスタンスも不可能ではない。くわえて、“海外情報を日本語で発信する”というスタンスには需要があると思います。オーストラリアのマツコ、かなりいいんじゃないでしょうか」(前出のライター)

 マツコの嗜好も実にYouTube向きだという。

「たびたび“自分はインドア派”と主張しているマツコですが、ステイホーム期間中も、“グーグルマップを見て、脳内で区画整理をする”という一風変わった楽しみ方をしていることを、4月6日の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で明かしていました。

『マツコ会議』の冒頭で、ヒカキンと話していましたが、釣りやキャンプといったアウトドア系YouTuberが自粛で大打撃を受けたのに対し、ソロで、基本室内で完結しているヒカキンは、一部イベントが中止になった以外は平常運転だったといいます。

 マツコの場合、知識が豊富で洞察力も優れていて、単純なトーク動画でも十分に面白い。トークが面白くてインドア志向というのは、非常にYouTuber向きだと思います」(前同)

 30日の放送で、マツコが本格的にYouTuberを目指すかが分かるかも?

「マツコがYouTuber転身決意!?「HIKAKIN・インドア・海外移住」3つの理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、マツコ会議はじめしゃちょーヒカキンYouTuberマツコ・デラックスエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧