有村架純の所属事務所が人気力士の“告白記事”に激怒した理由 脅しではない?

リアルライブ

有村架純
有村架純

 女優の有村架純の所属事務所・フラームが7月27日、同日発売の「女性自身」(光文社)に掲載された記事について、事務所公式サイト及び有村のスタッフツイッターで《全くの事実無根であり、法的措置を取る予定でございます》と怒りをあらわにした。

 気になる記事の内容だが、7月の名古屋場所で勝ち越した新小結の明生が、以前から有村の大ファンだと公言。明生の師匠である立浪親方(元旭豊)は有村の事務所関係者と懇意だったことから、有村と明正は、連絡を取り合う仲だという。

 同誌の直撃取材に対し、明生はまだ有村に会ったことがないことを明かしたものの、電話で連絡を取ったことは否定せず。

 ​有村架純、同世代女優で独り勝ち?“自爆”していくライバルたちを出し抜くか​​​

 さらに、『結婚? そうなったら、ホントにすごいことじゃないですか(笑)。ずっと好きでしたから』と有村に猛烈なラブコールを送ったのだ。

 「交際していることを報じたのならまだしも、明生の有村に対する熱い思いの〝告白記事〟。読んだ人はほほ笑ましい印象のはず。にもかかわらず、有村の事務所がなぜ激怒しているのかが謎」(テレビ局関係者)

 有村サイドは、《本日発売の週刊誌の記事に関しまして、全くの事実無根であり、法的措置を取る予定でございます》と説明。

 また、《相撲界の方とは全く面識はなく、連絡を取ったことも、コメントをしたこともございません。このような事実無根の記事で、有村架純の行動や気持ちが虚偽に伝えられてしまうことに対し、所属事務所としましては強く抗議いたします》としたのだ。

 「かつて、広末涼子をめぐる記事で大手出版社を提訴し勝訴しているので、脅しではなくガチで訴えるのでは。おそらく、自社のタレントが絡んだ企画などの大きな仕事が同社の他媒体と進行中だったのに、こういう記事が出てしまったため、〝制裁〟のような感じなのでは」(出版業界関係者)

 明生の熱い思いは届かなかったようだ。

「有村架純の所属事務所が人気力士の“告白記事”に激怒した理由 脅しではない?」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧