サントリー100周年記念の高級缶・山崎が完売!定番からコンビニ限定までプロ試飲!本当にうまい「ハイボール缶」秋No.1

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

 近年、ハイボールが人気で、“とりあえず生”ではなく、“とりあえずハイボール”派が急増中とか。

「カロリーや糖質が低く、ビールより健康的だということで愛飲する人が多いです。特に最近は、家飲みで手軽に楽しめる“ハイボール缶”が注目を集めています」(情報誌記者)

 そんなハイボール缶に、話題の新商品が登場した。

「ウイスキー製造100周年を迎えた『サントリー』が、8月8日から、高級ウイスキーの山崎を使った『サントリープレミアムハイボール〈山崎〉』を販売。1缶660円ですが、店頭では売り切れが続出しています」(前同)

 酒造メーカーのコンサルティングも手がける、酒場案内人の塩見なゆ氏が語る。

「ミズナラ樽で熟成された山崎の豊かな香りを感じる、高級なカクテルのような味わい。ハイボール缶も、ここまでおいしくなったかと、とても驚きました」

 そこで今回は、塩見氏協力のもと、各社のハイボール缶を飲み比べ。 “本当にうまい”逸品を紹介しよう。

■ローソン、セブンイレブンで限定販売

 まずは、ローソン限定販売の『トリスハイボール夜風のトニック』から。香草などをきかせた“トニックウォーター”で割った1本だ。

「ウイスキーの香りは控えめの軽い飲み心地でした。また、口の中に心地よい苦みが残るので、酢豚など、甘辛系の中華料理と相性抜群です」(塩見氏)

 一方、セブンイレブン限定販売の『スコッチウイスキーハイボール』は、イギリスのトマーティン蒸留所のスコッチを使用した本格派。重厚な味わいが、たまらない。

■変わり種vs王道派

 また、一風変わったハイボールを飲んでみたい人には、『ジャックダニエルコーラ』と、『トリスレモンハイ』がオススメだ。

「『ジャックダニエルコーラ』は爽快で、ハンバーガーなど、ジャンクな食事に◎。『トリスレモンハイ』は、レモンの浸漬酒を使っていて、まろやかで香り高く、じっくりと味わいたい人に向いています」(前同)

 王道派は『角ハイボール缶』を。

「サントリー創業者の鳥井信治郎が手がけた、伝統のウイスキー“角瓶”をぜいたくに使用。ドライな後口で、炭酸も強く、これぞハイボールという味わいです」(都内のバーテン)

■塩見なゆイチオシ

 最後に、塩見氏のイチ押しを聞くと、『ジムビームハイボール』(サントリー)だという。

「アメリカのウイスキーを使っているので、日本のハイボールとは、ひと味違ったおいしさが楽しめます。日常の晩酌に変化をつけたい人は、ぜひ。スモーキーな香りを感じられるので、おつまみは、チーズの燻製などを合わせましょう」

 本誌を参考に、自分好みの1缶を見つけてみては?

「サントリー100周年記念の高級缶・山崎が完売!定番からコンビニ限定までプロ試飲!本当にうまい「ハイボール缶」秋No.1」のページです。デイリーニュースオンラインは、コンビニエンスストアセブンイレブンカロリーローソンカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧