来年3月で関口宏降板、黒柳徹子も番組終了!和田アキ子や所ジョージも浮上!次にテレビから消える「大物」衝撃リスト

日刊大衆

和田アキ子
和田アキ子

 昭和の時代からテレビで活躍してきた大御所たちが、姿を消し始めた。

■サンデーモーニングを降板

 先日、TBSの日曜朝の報道番組『サンデーモーニング』の総合司会を、36年間も務めてきた関口宏(80)の番組降板が発表された。

「来年3月いっぱいで勇退することになりました。最近は失言が多く、出演したゲストから苦言を呈されることもあり、いつ、肩叩きされてもおかしくない状態でした」(民放局関係者)

 ただ、テレビ局側からすると、“切りたくても切れない事情”があったという。

「関口はTBSの株主の一人という話もあり、無下には扱えない。そうした事情もあって、来年4月から、BS -TBSで関口の新番組が放送される予定です」(制作会社関係者)
 BSへの“移籍”は、功労者に対するテレビ局の配慮のようだ。

■アッコにおまかせ!も

 同じく、TBSが誇る長寿番組『アッコにおまかせ!』も、終了の危機に瀕している。

「前の時間帯に放送されている『サンデー・ジャポン』から、『アッコ~』に移ると、視聴率がガクンと落ちる。局内で、それが問題視されているんです」(前出の民放局関係者)

 当然、MCを務める和田アキ子(73)への風当たりも強くなっているようだ。

「まずは金銭面。和田さんとは年契約ですが、金額は1億円超ともいわれ、かなりの負担になっているようです。それに加え、“米炊き問題”も挙げられています」(前同)

 聞き慣れない“米炊き問題”とは何なのか?

「数年前から収録時に弁当を用意するだけでなく、米を炊いてオードブルを用意するようになったんです。若手局員は、“そこまでする必要があるのか”と、あきれていますよ」(同)

■世界ふしぎ発見!視聴率低下と出演者の高齢化

 37年続く『世界ふしぎ発見!』(TBS系)も、来年3月をもってレギュラー放送を終了することが発表された。

「今年4月に、草野仁(79)がMCを勇退するなど、リニューアルをしましたが、視聴率低下と出演者の高齢化の波には勝てませんでした」(前出の制作会社関係者)

■徹子の部屋もそろそろ限界

 番組開始時から解答者として出演している黒柳徹子(90)には、体調不安説も浮上しているとか。

「最近の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)では、会話中に苦しそうに息が上がる場面が、よく映ります。90歳という年齢もあり、そろそろ限界では」(民放局関係者)

 明日は我が身の芸能界においては、人気者も“一寸先は闇”。

■所ジョージ、ビートたけしにも予兆が

 現在、8本のレギュラー番組を抱えている人気者の所ジョージ(68)にも、制作陣から不満が噴出しているという。

「本人は趣味のように、お気楽に仕事を楽しむスタンスながら、撮影スタッフのモチベーションが低いと、厳しい口調で?責するとか。今年3月に終了した『所JAPAN』(フジテレビ系)は、首切りの“予兆”かも」(芸能プロ関係者)

 最後は、超大御所のビートたけし(76)。近年、徐々に本数を減らしており、現在のレギュラー番組は3本に留まっている。

「ギャラも高額だし、テレビ局の本音は切りたい。だけど、たけしへの恩義を感じている上層部も多い。たけしが“映画に専念する”と言うまで、肩は叩けないでしょう」(前同)

 世代交代が進むか!?

「来年3月で関口宏降板、黒柳徹子も番組終了!和田アキ子や所ジョージも浮上!次にテレビから消える「大物」衝撃リスト」のページです。デイリーニュースオンラインは、草野仁世界ふしぎ発見!関口宏アッコにおまかせ!サンデーモーニングエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧