そや!助けてもらおう。家に入れない柴犬、通行人にお願いして玄関ベルを鳴らすようお願いする (1/2ページ)

カラパイア

そや!助けてもらおう。家に入れない柴犬、通行人にお願いして玄関ベルを鳴らすようお願いする
そや!助けてもらおう。家に入れない柴犬、通行人にお願いして玄関ベルを鳴らすようお願いする

[画像を見る]

 高い忠誠心を持ち、かわいくて賢いことから、日本原産の柴犬は今や世界中で人気が高い。アメリカ、テキサス州で飼われている柴犬のハーレーは、誤って玄関のドアがロックされてしまい、家から閉め出されてしまった。

 じっと待ってみたもののドアが開く様子はない。そこでハーレーは考えた。「せや!誰かに助けてもらおう!」と。

 ハーレーは通りを歩いていた女性に声をかけ、玄関のドアベルを押してくれるようお願いし、女性を玄関の前まで誘導したのだ。

・家に入れない柴犬の、誰かに助けてもらおう大作戦
 テキサス州ダラス在住のジャスミン・オルタさんは、日本の犬種に魅せられ、柴犬2匹とやアメリカン・アキタを飼っている。

 ある日のこと、柴犬のハーレー(メス)が外にいるのに誤って玄関のカギをかけてしまったオルタさん。家に入れないハーレーは困ってしまってワンワンワンだ。

 だが彼女は持ち前の知恵と行動力を発揮した。通りすがりの人に助けてもらうことを思い付いたのだ。

 家の前を通る女性にワンワンと吠え、気を引くハーレー。その女性は犬好きだったようで、すぐにハーレーが何かを伝えようとしていることがわかった。

 ハーレーのそばにかけよると、「どうしたの?」と声をかける女性。ハーレーは女性を誘導し、玄関の前に案内した。

[画像を見る]

 ハーレーはドアの前で何度も二足立ちになる。ハーレーははドアベルを鳴らしてほしいことをジェスチャーで伝えたのだ。

 すると女性は、ハーレーが閉め出されてしまったことを理解し、家の人に知らせようと、ドアを何度かノックする。
「そや!助けてもらおう。家に入れない柴犬、通行人にお願いして玄関ベルを鳴らすようお願いする」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る