起源は今でも不明な点が多し。天下を獲った徳川家の母体「松平家」8代の歴史【その1】

Japaaan

起源は今でも不明な点が多し。天下を獲った徳川家の母体「松平家」8代の歴史【その1】

1600年の関ヶ原の戦いに勝利したことで日本の主導権を掌握し、天下人に上り詰めた「徳川家康」。徳川家の母体が三河の松平氏であることは有名だが、松平家の起源には今でも不明な点が多い。 今回は、天下人・徳川家康の起源である松平家の歴史を探ってみたい。 松平家誕生まで 「松平家」の初代当主は「松平親氏(まつだいらちかうじ)」という人物で、新田源氏世良田氏の末裔で、戦に敗れ足利軍に追われていた。捕縛を逃れるた...

「起源は今でも不明な点が多し。天下を獲った徳川家の母体「松平家」8代の歴史【その1】」のページです。デイリーニュースオンラインは、松平親氏松平家三河徳川家徳川家康カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧