婦人のような優男? 織田信長が惚れ込んだ戦国の天才軍師「竹中重治」の逸話【中編】

Japaaan

婦人のような優男? 織田信長が惚れ込んだ戦国の天才軍師「竹中重治」の逸話【中編】

戦国時代。斉藤家家臣を経て秀吉の元で活躍した軍師「竹中半兵衛重治(たけなかはんべえしげはる)」。わずか36年の生涯で半兵衛が残した逸話は多い。【中編】では現代に伝わっているエピソードをご紹介する。 前回の記事 婦人のような優男? 織田信長が惚れ込んだ戦国の天才軍師「竹中重治」の逸話【前編】 【逸話1】新加納の戦い 1563年。信長は自身が出陣する形で美濃攻めを開始。柴田勝家や池田恒興といった家臣を従え約...

「婦人のような優男? 織田信長が惚れ込んだ戦国の天才軍師「竹中重治」の逸話【中編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、稲葉山城竹中半兵衛重治斎藤龍興戦国時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧