流石の「大うつけ」もためらった?若き日の織田信長が「上総守」を名乗らなかった理由とは

Japaaan

流石の「大うつけ」もためらった?若き日の織田信長が「上総守」を名乗らなかった理由とは

戦国時代、織田信長(おだ のぶなが)が「上総介(かずさのすけ)」という官位を名乗っていたことはよく知られていますが、先刻こんな質問がありました。 「何で上総『介』なの?大岡越前(おおおか えちぜん)みたいに、国司の官位は『守(かみ)』じゃないの?」 大岡越前「守」忠相。なぜ信長は上総「介」と称したのか、そもそも治めていない上総国(現:千葉県中部)を選んだ理由は……? 介とは国司を補佐(介助)する役で...

「流石の「大うつけ」もためらった?若き日の織田信長が「上総守」を名乗らなかった理由とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、戦国武将戦国時代織田信長雑学カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧