漫画家がコロナ禍を前にたちどまって考えた。そこで見えた景色とは?

新刊JP

『たちどまって考える』(中央公論新社刊)
『たちどまって考える』(中央公論新社刊)

新型コロナウイルスの大流行による緊急事態宣言で、私たちは長い期間、自宅で過ごす日々が続いた。漫画『テルマエロマエ』などで知られる漫画家のヤマザキマリさんは、この期間に何を思い、何を考えていたのか。 『たちどまって考える』(中央公論新社刊)は、パンデミックを前にしたヤマザキマリさんが、長期間、家に閉じこもっていた間に自分や社会と向き合い、たちどまったことで見えてきた景色を書きつづった一冊だ。 も...

「漫画家がコロナ禍を前にたちどまって考えた。そこで見えた景色とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧