古くから死罪や晒し首の舞台となっていた処刑場「三条河原」に散った侍たち【前編】

Japaaan

古くから死罪や晒し首の舞台となっていた処刑場「三条河原」に散った侍たち【前編】

京都を流れる鴨川に架かる三条大橋。この地域の川岸はかつて「三条河原」と呼ばれ、罪人の処刑や晒し首の舞台となった。今回は、日本の長い歴史の中で三条河原に散った侍たちのエピソードをご紹介する。 三条河原が処刑場となった理由 三条河原が処刑場となった明確な理由はわかっていない。江戸期以前の日本では、罪人の処刑の際に全貌を広く公開することが一般的であり、古来から人々の往来が盛んであった三条河原周辺は罪人...

「古くから死罪や晒し首の舞台となっていた処刑場「三条河原」に散った侍たち【前編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、晒首斬首刑三条河原処刑カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧