19世紀最後の人物が124歳で死亡 飛行機の登場から戦争 インターネット、月面着陸、コロナまで経験した人物

ゴゴ通信

19世紀最後の人物が124歳で死亡 飛行機の登場から戦争 インターネット、月面着陸、コロナまで経験した人物

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください 世界最高齢者とされたフィリピンの高齢者が124歳を記録し死亡した。19世紀最後の生存者だったフランチェスカ・スサノが自宅で亡くなった。 フィリピンのネグロス島ネグロスオキシデンタル州カバンカランシーは同日の声明でスサノの死を公式に発表した。市当局は「22日午後6時45分、スサノが世を去った。彼女は124歳の世界最高齢者としてギネスブック記録を保持している」と明らかに...

「19世紀最後の人物が124歳で死亡 飛行機の登場から戦争 インターネット、月面着陸、コロナまで経験した人物」のページです。デイリーニュースオンラインは、19世紀最後の人物死亡フィリピンエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧